丸い振動? 響かせ方の不思議

先日2年ぶりくらいに私の師匠のトークセンを受けました。

最近少し緩和されたけれど1ヶ月〜2ヶ月待ちが続いていたのでなかなか予約が入れられず。
(そんな先の自分の予定わかんないよー ってことで)

 

私の身体はトークセンを知って劇的に変わったので

「変化しやい身体になりましたよねぇ」

なんて緩い会話をしつつも、次々と私の中の大渋滞をメンテナンスです。

 

師匠は復習会の中でよく身体の状態を大雪の交通渋滞に例えます。
まずは、大きな幹線道路の除雪をします。
次に脇道の除雪、そして排雪。

 

全身の流れをよくして、少しずつ整えていくイメージを私はしています。

 

私は乳児の時の手術跡という渋滞の起きやすいポイントがあります。
なので、そこをどのくらいほぐすかというのも大事になってきます。

ほぐしきればいいってものでないんですよねぇ。

 

さて、この日の久しぶりの師匠のトークセン。
全身の渋滞緩和はできて排雪の頃にふと、

“振動が丸い”

と感じました。

 

“???”

初めての振動じゃない?

 

ということで、疑問はすぐ言葉にする。(相手は師匠ですしね)

 

「振動が丸く感じます」

「どんな丸ですか? 球状とか」

「お椀の底みたいな形で振動が広がっていく感じがしてます」

 

なーんと、そういう風に叩いてるとのこと。

 

ほぉ〜

 

師匠は旅に出ると色々吸収してくるなぁ。
また旅に出たら直後に予約いれよーっ!と思った私です。

 

注)師匠は今年夏にタイ・ラオスに家族で調査(修行?)に出ています。
師匠のブログはこちら→https://ameblo.jp/riraku/